左遷社員池田 リーダーになる

2017年07月26日 09:08

今日はこんな一冊を紹介。

『左遷社員池田 リーダーになる』
です。



フリージアは大山 近藤が頭を取って大きくした、
ドレッシングを扱う食品会社だ。

社長の大山の死去、近藤の引退を受け、
会社は白川を社長とした新たな体制へと生まれ変わるが、そこには問題が山積みだ。

大山、近藤の意思を受け継ぐものは左遷、島流しされ池田もその中の1人である。
会社の行く末に悲観する者もいるが、
なんとかこの現状を打破しようと動く者がいる。
それは社内だけではなく、社外にも…

池田は様々な人に会い話を聞く中で、
リーダーの素質を身につけていく。
同じ意思を持ったメンバーと共に、池田はフリージア復活への策略を立てて行く…

そんなストーリーの本なのですが、ビジネス書の内容をわかりやすく砕いて、ストーリー仕立てに仕上げておりとても読みやすい内容になってます。

序盤一瞬文学書の様な表現を入れてきたので、「うわ読みにくいか?!」と思いましたがそれ以降そんな雰囲気は出て来ず。

ビジネス書入門にもってこいだと思います。
関連記事
スポンサーサイト





コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://versatile1.blog48.fc2.com/tb.php/1298-5acab461
    この記事へのトラックバック